無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

古~い CPU Pentium 133MHz を動かしてみた Part 1

PPGA 以前こ製造された CPGA と云われた 296pin の CPU で Socket 5 / 7 に対応するが、残念だけど Socket 5 の Motherboard は持ってない ......

Socket 7 の Motherboard を 8枚程持っているが 比較的 Jumper Pin の設定が分かり易い EPox EP-MVP3G-M を使った .... この Board は 2011年7月21日に K6 450MHz を使い、この Blog に載せてるナ

Pentium 133MHz は Core Frequency 66MHz / Voltage 3.3 V だが Board Frequency も 66MHz に対応してる必要が有る様です

OS は WindowsXP Pro sp3 を入れてみたが Install が終了する迄に 3時間 近く掛かってしまった ... ドーニカ 動いてるが使えるレベルでは無い .... 当たり前かァ

この CPU 動いたのが楽しい ...... タダ それだけ です

 

Slot 1をSocket 370に変換する ゲタ の Part 4 だァ ....

またまた Slot 1 の げた ネタです ... まな板 に ASUS P3V-4X Slot 1 の Board を載せてあるので、そのまま使いました .....

げた は 前に使った Gigabyte GA-6R7+ です、これに VIA C3 700AMHz CPU を載せてみたら 起動したネェ  .... POST 画面では PentiumⅡ466MHz と表示されてるゾ

BIOS に入って 100 x 7.0 で 700MHz に修正したら POST 画面も 700MHz になってるナ、タダシ CPU は PentiumⅡのままだよ

OS を Install して System Information を見ると シッカリ VIA Samuel 2 MMX 3D Now 700MHz と認識してる

Motherboard の DIP Switch は特にイジラないで 全て OFF の状態にしたんだけどネェ .....

この Board の Chipset は VIA APollo Pro 133A だから CPU との相性が良かったのカナ

 

Slot 1をSocket 370に変換する ゲタ の Part 3 ですョ ...

昔 手に入れた 3枚の JUNK ゲタ 最後の一枚 Soltek SL-02A を使ってみた .....

Motherboard は これまた 古~い AOpen AX-6BC Slot 1 です、この Board を動かしてみた動画は 2010年8月30日 この Blog に載せてます

はたして ゲタ が動くかドーカ  PPGA Celeron 400MHz と PC-100 168pin SDRAM  128MB を載せて Switch ON .... ッと .... POST 起動したァ

Drive 類を ブラ下げて 再度 Switchi ON .... POST から BIOS に入る事が出来た、後は OS を Install するだけ .... こんな手順でした

 

Slot 1をSocket 370に変換する ゲタ の Part 2 だョ ...

ゲタ は I-O DATA  PK-P2A 466 を使った、この ゲタ は Intel Celeron 466MHz まで対応してるらしい I-O DATA の site をみると 2000年5月25日にて生産終了 価格は 34,800 円だァ ......

Motherboard は 2011年11月12日に手に入れた ASUS P3V-4X Slot 1 を使用、この Board は DIP Switch の設定がカナリ面倒デス

Motherboard の画像です

Asusp3v4x

 

Memory は無難に PC-100 168pin 128MB SDRAM を4枚載せました DIP Switch と ゲタ の組み合わせが旨くいったらしい .....

 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »