無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

Celeron 266 MHzでWindows 7を動かしてみた

PentiumⅡ233 MHz で動かせなかった Windows 7 を Celeron 266 MHz Convington で挑戦してみた ......

CPU を シッカリと認識して Windows 7 が起動したね ..... 思ったほど立ち上がりに時間は掛からなかった ...... 勿論 動きは トロイ ですョ

PentiumⅡ266 MHz Klamath も持ってるけど 試すのが もう 面倒クセッ ..... て云う感じです

ネットを検索すると もう既に PentiumⅡ266 MHz で Windows 7 を動かしている人が いるし Pentium 90 MHz で動かしてる ツワモノ もいる ...... 同じ様な事をやってる人が居るんだネ

 

Windows 7 を PentiumⅡ233 MHz で試してみたけど ....

Celeron 300 MHz を取り外して  PentiumⅡ233 MHz に載せ替へてみたゾ ......

ブルー・スクリーン は出なかった ..... ドーニカ Windows 7 の最初の画面までは 長~い時間が掛かって辿り着くが .... デスクトップ 画面が出て来ない

また 長~い時間が掛かって 「スタートアップ修復」 ナンテ画面が出て、結局 「コンピュータを開始できませんでした」  みたいなメッセージだよ

この画面が出ても 「修復中」 になっていて ダイアログ が動いてる .......

もしかして このまま待っていると 動き出すかも ...... と思い バカみたいに 4時間も放って置いたけど変化なし ..... でした

7月22日 に AKIBA へ行って来ましたが JUNK 通りの状況と PentiumⅡ233 MHz で試してみた様子の画像は ここに 載せてあります

AKIBA JUNK 通りの変化が激しい  ...... ナンカ食物屋が やたら多くなって来て JUNK 屋さんがメッキリ減ってしまったな .... 10年前の JUNK 屋さんの画像を ここに 載せてみました

Celeron 300 MHz Slot 1 で Windows 7 が動いたァ

前回 PentiumⅢ 500 MHz Slot 1 を使って Windows 7 を ドーニカ Install 出来たネェ ....

...... で、もっと低スペックの CPU に変えたら どうなっちゃうんだろ ..... と云う事で試してみたよ

モノスゴク懐かしい Slot 1 Celeron 300 MHz Mendocino に変えてみたら アレッ...? 問題なく動いちゃったョ ブルースクリーンが出るんじゃないかと ヒヤヒヤ してたけど ......

起動が遅い遅い ..... 動画などはトテモ観れないが ネットには一応繋がってる

今 持ってる Slot 1 の CPU の中で最低は PentiumⅡ233 MHz だけど動くのかなァ .... またまた 「爺」 の暇潰しだァ

 

PentiumⅢ500MHz にWindows 7を入れてみたゾ

先日 AKIBA で手に入れた Slot 1 PentiumⅢが2個とも動かねッ ... 630円 出してゴミを買って来たゾ .... JUNK だから こんな事も有る .... でも 733 MHz は持ってないので少々残念

この CPU を TEST する為に出した Slot 1 の Motherboard 「まな板」 から外してしまうのもシャクだし ......

..... そこで 手持ちの PentiumⅢ 500 MHz を引っ張り出して Windows 7 を Install してみたけど 割と簡単に Install 出来てしまった .... Windows XP を入れておいてからだけどねネ

Format 済みの HDD に Windows 7 Install DVD を DVD-Drive にセットしても Installer が起動しない

Windows XP から Windows 7 に Upgrade は出来ないので Windows XP 上で 新規 Install する事になっちゃうな .... 当然ながら使えない ... ヤット動いてる状態です

 

Pentium MMX 200MHz を動かした Part 6

MMX 搭載の Pentium 200 MHz を使ってみたゾ .....

使用した Motherboard は 2010年12月30日に このブログに 載せた事の有る PC-Chips M599LMR Socket 7 です

この Board は使い易く Jumper-pin や DIP-Swtch が一切無くて BIOS で CPU の速度が設定できる .... 殆どの Socket 7 の CPU が動いてしまうが Pentium 90 MHz だけは動かなかったなァ .....

先日 手に入れた HDD Maxtor Ultra DMA66 5400rpm を早速ブラ下げ、ツイデに Memory も Retro な PC-100 32MB 2枚 / 64MB 1枚を載せて WindowsXP Pro SP2 を入れてみたが 時間がモノスゴク掛かって Install が終わるのに5時間近く経過してたナ 「爺」 の暇つぶしだ ....

ドーユー訳か Memory が 120MB で認識されちゃってるぞ .... オイ

 

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »